★ニキビ痕が消えた!でこぼこが治った!バイオ基礎化粧品b.glen


ビーグレンのトライアルセット 40%の増量サービス

バイオ基礎化粧品として、評判の高いビーグレン(ビバリーグレン) では、7月13日〜7月31日までの期間中、トライアルキャンペーンを実施しています。
 
ビーグレンのトライアルセットは無料ではありませんが、なんと、トライアルセットお申込みのお客様に、内容量40%の増量サービスです。
 

対象となるトライアル商品は、以下の4つです。
  ●シミ美白 トライアルセット
  ●しわ・アンチエイジング トライアルセット
  ●毛穴ケア トライアルセット
  ●ニキビケア トライアルセット

 
ニキビケア トライアルセット
の場合は、Cセラムが40%増量で693円のお得になります。
 
トライアルセットのお申込みは、
 
ニキビと毛穴のお悩みはバイオ基礎化粧品b.glen
 
 

ニキビ治療の切り札 アクネトリートメント

◆ニキビ治療の切り札!口コミで大人気のアクネトリートメント
米国では、プロアクティブより人気の高い商品「アクネトリートメント」の特長は何でしょうか?

1.アクネトリートメントにはにきび治療に有効な成分過酸化ベンゾイルが3.7%含まれています。
2.さらに特許製法、24時間にきびに働きかける「タイムリリーストフォーミュラ」がより長く効果的にアクネ菌に働きかけます。
3.クレンジング、トナー、ローションと朝晩3ステップの簡単お手入れで大人にきび黒ニキビなどをキレイに優しく治癒します。
4.皮膚科の処方成分、約1ヶ月分の内容量で4600円です。

アクネトリートメントを開発したユニバーサルメディカル社は2004年にアクネフリープロアクティブの効果測定を第三者機関に依頼しました。GAGSという評価方法を用い、13歳から39歳の男女40人を対象に調査したところ、プロアクティブより効果が見られました。
そのため、派手な広告でなくこのリサーチ結果を持って販売していく手法を取りました。
これが大反響を受け、現在アメリカでの通販部門以外ではナンバー1の売り上げとなっています。

お手入れの方法は簡単3ステップです。

ステップ1:クレンジング  ニキビの原因となるバクテリアや過酸化物に直接働きかけ毛穴に溜まった汚れや油分を取り除き、肌を清潔に保ちます。
朝夕、1日2回洗顔後、クレンザーを手に少しとり、泡立てた後、目の周りを避けて、マッサージするように患部を洗います。その後、水でしっかりと洗い落としてください。顔以外のニキビ、胸、背中にも使用可能です。
ステップ2:トナー  肌の奥まで、浸透し余分な油を取り除き、美しい肌へと蘇らせる準備をします。朝夕、1日2回クレンザーをご使用後、トナーを染み込ませたコットンで目の周りを避けて顔全体をやさしくふいてください。
ステップ3:ローション
  ニキビが出はじめる前に、肌を殺菌、油分を調整し、ニキビのない肌を作ります。朝夕、1日2回、ステップ1と2の後、コットン等にトナーを染み込ませ、目の周りを避けて顔全体をやさしくふいてください。

洗顔とにきび予防

洗顔など、適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮します。顔に出た余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれるので、にきびを防ぐ上で大変有効です。

にきびを予防するための洗顔料は、できるだけ添加物が入っていないもので、肌に刺激を与えにくいものがいいでしょう。人の肌は本来弱酸性であるため、洗顔料も弱酸性でないと、PH値を乱すなどしてはだがダメージを受けることになるので、にきび予防にもよくありません。

洗顔するときは、お湯は33℃〜37℃あたりのぬるめにし、はじめに肌を十分ぬらしてた洗いをしておきます。このとき大きな汚れを落として同時に毛穴を開かせながら、細かい汚れも落とすようにするのですが、それにはぬるま湯が最適です。お湯は熱すぎると、皮脂が落ちすぎて肌の潤いもなくなり、乾燥させてしまうのです。

乾燥肌の人の場合、お湯はもっとぬるくてもよく、すでにこの下洗いだけで汚れは70%は落ちるといいます。下洗いを済ませたら、洗顔料を使って本洗いをしますが、このときしっかり泡立てましょう。洗顔料の泡をしっかりと立てることは大変大切なことで、弾力が出るほどまで泡立てられると、泡は細かい粒子までになり、この粒子が毛穴の中に入り込むことで汚れもしっかり落ち、にきび予防につながるからです。

ごしごしこすって洗うことは禁物で、手が触れないくらい、泡を動かすような感じで洗いましょう。すすぎは、肌に洗顔料が残ってしまうと、にきびの原因になるので、洗顔の倍の時間を目安に洗い流し、最後に乾いたタオルでこすらないように軽く叩く感じで顔を拭きます。

にきび予防としての食生活

にきびだらけだった思春期を思い起こすと、鶏のから揚げなどは、控えていたような記憶があります。結構顔が脂ぎっていましたから、油っこい食事は避けていました。 

オトナニキビであっても、やはりケアのためには、食生活を正していくことは大事です。にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。日ごろの食事でにきびを作ってしまうことを防ぐには、にきびの元となる皮脂を作り出さないような食べ物を食べることです。

にきびケアのために食生活から考えるには、にきびの元となるような食べ物を控えることですが、それでも健康な体を維持していくためには、体に必要な栄養素はきちんと摂っていかなければならないのです。結局にきびに対処するためといっても、食事はバランスよく、極端な偏りもないように心がけることが第一です。

脂っこい食事や動物性脂肪の多い食事は、血液の中の中性脂肪を増やし、皮脂が活発に分泌されるようになります。にきび予防を考えるならば、やはりお肉よりも魚類を食べるのがおすすめです。ごはんや麺類、パンといった炭水化物は、消化されることで糖分に分解され、それが油分へと変わって皮脂が作られることになるからです。

何気なく主食としてたくさん食べてしまう炭水化物ですが、にきびのためにはやはり食べすぎは控えなければなりません。同様に糖分を多く含んだ甘い食べ物も、いずれは油分になって皮脂を分泌してしまうので、食べる量には気を配りましょう。飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまうのです。飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになり、生活習慣も乱してしまい、肌ストレスの原因となります。