★ニキビ痕が消えた!でこぼこが治った!バイオ基礎化粧品b.glen


にきびのケアについて

にきびは、いろいろな理由で発疹ができ、それと同時に炎症を起こす症状です。にきびと同じ症状ですが、思春期をすぎてからできるにきびを吹き出物といいます。

主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。にきびのできやすさは体質によって個人差があり、皮脂腺の活発な人は症状が特に出やすくにきびのケアが必要です。

にきびができやすい時期は、初夏や初秋だといわれているので、その時期は特に念入りにケアしましょう。ホルモンバランスが変化しやすい思春期は特ににきびができますが、これは成長するにしたがって消えていきます。

成人以降にできるにきびは、ストレスや乱れた生活習慣、そして乾燥などが原因になったりします。その他に、便秘によって体内に溜まった毒素が体の表面に回り、それがにきびになることもあります。顔ダニがにきびの元になっているという説もありますが、ケアをきちんと行っていれば、顔ダニは普通無害なので、むしろ顔の余分な皮脂を食べるというくらいで気にすることはないでしょう。

にきびのケアは間違うと悪化させたりにきび跡を残すことになったりするので、正しいケアが必要なのです。間違ったにきびケアを続けていると、色素沈着を起こしたり、クレーターができたりします。食生活や生活習慣、お肌のケアに気を付けることにより、にきびのできにくい肌を作り予防をすることができます。