★ニキビ痕が消えた!でこぼこが治った!バイオ基礎化粧品b.glen


にきび予防としての食生活

にきびだらけだった思春期を思い起こすと、鶏のから揚げなどは、控えていたような記憶があります。結構顔が脂ぎっていましたから、油っこい食事は避けていました。 

オトナニキビであっても、やはりケアのためには、食生活を正していくことは大事です。にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。日ごろの食事でにきびを作ってしまうことを防ぐには、にきびの元となる皮脂を作り出さないような食べ物を食べることです。

にきびケアのために食生活から考えるには、にきびの元となるような食べ物を控えることですが、それでも健康な体を維持していくためには、体に必要な栄養素はきちんと摂っていかなければならないのです。結局にきびに対処するためといっても、食事はバランスよく、極端な偏りもないように心がけることが第一です。

脂っこい食事や動物性脂肪の多い食事は、血液の中の中性脂肪を増やし、皮脂が活発に分泌されるようになります。にきび予防を考えるならば、やはりお肉よりも魚類を食べるのがおすすめです。ごはんや麺類、パンといった炭水化物は、消化されることで糖分に分解され、それが油分へと変わって皮脂が作られることになるからです。

何気なく主食としてたくさん食べてしまう炭水化物ですが、にきびのためにはやはり食べすぎは控えなければなりません。同様に糖分を多く含んだ甘い食べ物も、いずれは油分になって皮脂を分泌してしまうので、食べる量には気を配りましょう。飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまうのです。飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになり、生活習慣も乱してしまい、肌ストレスの原因となります。