★ニキビ痕が消えた!でこぼこが治った!バイオ基礎化粧品b.glen


洗顔とにきび予防

洗顔など、適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮します。顔に出た余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれるので、にきびを防ぐ上で大変有効です。

にきびを予防するための洗顔料は、できるだけ添加物が入っていないもので、肌に刺激を与えにくいものがいいでしょう。人の肌は本来弱酸性であるため、洗顔料も弱酸性でないと、PH値を乱すなどしてはだがダメージを受けることになるので、にきび予防にもよくありません。

洗顔するときは、お湯は33℃〜37℃あたりのぬるめにし、はじめに肌を十分ぬらしてた洗いをしておきます。このとき大きな汚れを落として同時に毛穴を開かせながら、細かい汚れも落とすようにするのですが、それにはぬるま湯が最適です。お湯は熱すぎると、皮脂が落ちすぎて肌の潤いもなくなり、乾燥させてしまうのです。

乾燥肌の人の場合、お湯はもっとぬるくてもよく、すでにこの下洗いだけで汚れは70%は落ちるといいます。下洗いを済ませたら、洗顔料を使って本洗いをしますが、このときしっかり泡立てましょう。洗顔料の泡をしっかりと立てることは大変大切なことで、弾力が出るほどまで泡立てられると、泡は細かい粒子までになり、この粒子が毛穴の中に入り込むことで汚れもしっかり落ち、にきび予防につながるからです。

ごしごしこすって洗うことは禁物で、手が触れないくらい、泡を動かすような感じで洗いましょう。すすぎは、肌に洗顔料が残ってしまうと、にきびの原因になるので、洗顔の倍の時間を目安に洗い流し、最後に乾いたタオルでこすらないように軽く叩く感じで顔を拭きます。