★ニキビ痕が消えた!でこぼこが治った!バイオ基礎化粧品b.glen


洗顔とにきび予防

洗顔など、適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮します。顔に出た余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれるので、にきびを防ぐ上で大変有効です。

にきびを予防するための洗顔料は、できるだけ添加物が入っていないもので、肌に刺激を与えにくいものがいいでしょう。人の肌は本来弱酸性であるため、洗顔料も弱酸性でないと、PH値を乱すなどしてはだがダメージを受けることになるので、にきび予防にもよくありません。

洗顔するときは、お湯は33℃〜37℃あたりのぬるめにし、はじめに肌を十分ぬらしてた洗いをしておきます。このとき大きな汚れを落として同時に毛穴を開かせながら、細かい汚れも落とすようにするのですが、それにはぬるま湯が最適です。お湯は熱すぎると、皮脂が落ちすぎて肌の潤いもなくなり、乾燥させてしまうのです。

乾燥肌の人の場合、お湯はもっとぬるくてもよく、すでにこの下洗いだけで汚れは70%は落ちるといいます。下洗いを済ませたら、洗顔料を使って本洗いをしますが、このときしっかり泡立てましょう。洗顔料の泡をしっかりと立てることは大変大切なことで、弾力が出るほどまで泡立てられると、泡は細かい粒子までになり、この粒子が毛穴の中に入り込むことで汚れもしっかり落ち、にきび予防につながるからです。

ごしごしこすって洗うことは禁物で、手が触れないくらい、泡を動かすような感じで洗いましょう。すすぎは、肌に洗顔料が残ってしまうと、にきびの原因になるので、洗顔の倍の時間を目安に洗い流し、最後に乾いたタオルでこすらないように軽く叩く感じで顔を拭きます。

にきび予防としての食生活

にきびだらけだった思春期を思い起こすと、鶏のから揚げなどは、控えていたような記憶があります。結構顔が脂ぎっていましたから、油っこい食事は避けていました。 

オトナニキビであっても、やはりケアのためには、食生活を正していくことは大事です。にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。日ごろの食事でにきびを作ってしまうことを防ぐには、にきびの元となる皮脂を作り出さないような食べ物を食べることです。

にきびケアのために食生活から考えるには、にきびの元となるような食べ物を控えることですが、それでも健康な体を維持していくためには、体に必要な栄養素はきちんと摂っていかなければならないのです。結局にきびに対処するためといっても、食事はバランスよく、極端な偏りもないように心がけることが第一です。

脂っこい食事や動物性脂肪の多い食事は、血液の中の中性脂肪を増やし、皮脂が活発に分泌されるようになります。にきび予防を考えるならば、やはりお肉よりも魚類を食べるのがおすすめです。ごはんや麺類、パンといった炭水化物は、消化されることで糖分に分解され、それが油分へと変わって皮脂が作られることになるからです。

何気なく主食としてたくさん食べてしまう炭水化物ですが、にきびのためにはやはり食べすぎは控えなければなりません。同様に糖分を多く含んだ甘い食べ物も、いずれは油分になって皮脂を分泌してしまうので、食べる量には気を配りましょう。飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまうのです。飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになり、生活習慣も乱してしまい、肌ストレスの原因となります。

アダルトニキビの原因と対処法

ニキビは青春のシンボルといわれました。でも、10代の思春期を過ぎてもニキビはできることがあります。思春期にできるニキビと区別して、大人になってからできるニキビのをアダルトニキビと呼んています。

思春期のニキビが成長上一過性のものの場合が多く、ニキビの要因が明確なものがほとんどであることに比べ、成人になってからのアダルトニキビはほかに様々は要因を持っています。

仕事上のストレスが原因であるときもあり、不規則な睡眠のとり方も関係するし、紫外線の刺激や偏った食生活なども原因になると言います。肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れて肌全体に角質がたまり、角質層が厚くなることで毛穴がつまりやすくなってニキビができる、これもアダルトニキビの場合のよくあるでき方です。

アダルトニキビは顔の中でも、代謝が悪くなりやすいUゾーンにできやすく、このこともターンオーバーの乱れが関係していることを示しています。しかし角質層が厚くなっていないのに、できてしまうアダルトニキビもあるのです。それは新陳代謝が活発な、おでこやこめかみにできるアダルトニキビであり、酸化した皮脂が毛穴につまって出来る、角栓が原因でニキビができてしまいます。


アダルトニキビの対処法としては、ビタミンC誘導体のローションを使ったイオン導入が流行しているようです。ビタミンCは、肌に直接ぬることで、皮脂の分泌抑制や角栓を開く効果が期待できます。このビタミンC誘導体配合化粧品には種類が様々にあるようなので、どれを選ぶのか迷うと思いますが、ビタミンC誘導体の配合率を選択の1つの目安とするといいでしょう。一般的に市販されているビタミンCが配合されたコスメは2%以下と低いものが多いのです。ですからネットショップなどで調べて2%以上のものを見つけたら、よりアダルトニキビには効果的だと判断していいでしょう。

にきびとは

にきびができるのは、皮脂が多く分泌される部分で、皮脂を分泌する毛穴が詰まることでにきびが作られるためです。詰まった毛穴の中に脂や角質が溜まると、黒にきび(毛穴が開いて見えている状態)または白にきび(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるにきびになります。皮膚に常在している菌、つまり細菌が作用すると、今度は赤いにきびが作り出されます。

皮脂を好むこの細菌は、詰まった毛穴の中でどんどん増えていき、皮膚の中でタンパク質を刺激するのです。それから炎症が起きて赤くなったり、膿がたまり黄色い部分ができるのというのが、にきびが発生するメカニズムなのです。さらにそれが進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し、さらに炎症が起こることもあるといいます。このような皮膚の深い部分が傷ついてしまっている場合は、炎症が治ってもいわゆるにきび痕として残ってしまいます。
 
にきびができる原因は、毛穴がつまること以外にも不規則な生活や暴飲暴食をしたりすること、またストレスなども関係してくるといいます。また生理前に一時的に増加してしまうホルモンバランスの乱れなどの体の内因的なものから、にきびが発生するということも多々あるようです。にきびの出来るところは、頬や顎、鼻の頭などの顔ばかりではなく、首背中、うなじなどに出来ることもあります。にきびができる場所によって、対処方法もそれぞれ違ってきます。にきびとは、皮脂の分泌の活発な毛穴がふさがれてしまうと、部分的に雑菌が繁殖し、そのため皮膚の中で炎症を起こしてしまう状態のことをいうのです。


にきびでお悩みならアクネトリートメント